スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

Search or Source

アルキカタ版FC2BlogQ&A↓の
http://fc2blogwalker.squares.net/modules/pukiwiki/
「デザインをカスタマイズする」↓
http://fc2blogwalker.squares.net/modules/pukiwiki/#ct1_1_14
に、
「ブログの見栄え」の変更がまとめられており
Q:全体の背景を画像にしたい ◎
という設問もありました。

カスケードスタイルシートの変更そのものは、
↓FC2blog:ブログ運営に必要なことは管理者ページに備わっている
http://fc2blogsupporter.blog53.fc2.com/
↓修正(テンプレートの編集)
http://fc2blogsupporter.blog53.fc2.com/blog-entry-53.html
をご参照ください。



本日のフォーラム回答ww

あちこちのブログ様を訪ねまくり、ようやく、どこになにがあるかがおぼろげに見えて来はじめた、ような。で、書いた答えが上だったりするわけで。


たしかに、一番質問者の「ためになる」回答は、「フォーラムを検索してください」なのだろう。

けれど、よくある質問なら、何百件もヒットする。とりあえず上から開くと「あっちのスレッドを見よ」。リンク、リンクまたリンク、アレは違う、コレも少し違う、開いては閉じ。だんだん頭がしびれてきて、自分の求める質問の答えがちょっと難しい用語で書いてあったら見逃しそうだ。

FC2には素晴らしい情報蓄積があるのだから。応用のきく、いい情報源へのリンクをぴしっと貼って、それを繰り返していくという手はないんだろうか。いい情報源であれば何度も目に入る。直接そのページへ導くんじゃなくて、インデックスをお見せする。「あ、ほかにもこんなことができるんだ」と思っていただけたら、みっけもの……というのは、どうなのだろうと。


……多すぎる情報は、ノイズじゃっ、というのは、職場でも繰り返し吼えている台詞だったりするwww


FAQのなかにあってもいいくらいな気がするっす、「色/画像を変えたいのですが、どこを変えていいかわかりません」→「アルキカタ版FC2BlogQ&Aをみてください」^^

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ユーザーフォーラム

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

決別2 ~回答屋さん、引退しました

本日をもちまして、ユーザーフォーラム回答を引退します。

というか。6/2にいったん引退宣言をしたんですが、思いがけない方からコメントをいただきまして、ほんとうに驚いて、嬉しくて、おめおめ戻ってしまいました。それから色々なことがあり、色んなことを考えましたが(考えすぎた、という説もありwww)、今度こそ、引退決行です。

これまで、ありがとうございました。

今後、質問をさせていただくことはあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

テーマ : どーでもいいこと
ジャンル : コンピュータ

tag : ユーザーフォーラム

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

馬鹿を考える。

馬鹿だから馬鹿なことを考える。馬鹿にされる前に、正真、馬鹿なのだから仕方ない。

ユーザーフォーラム、AutoReplyという名前で再登録したらどうぢゃろう。そして、とりあえず、必要項目が足りない質問に対しては、

「[url=http://blog.fc2.com/forum/viewtopic.php?t=489]初めての質問の前にこちらを読んでください。[/url]」
はお読みいただきましたか?

また、質問の際は、必ず以下を明記して下さい。
[quit]OS:WinXP、WinMe、Win2000、MacOSX、MacOS9.0~ その他(   )
ブラウザ環境: Internet Explorer、Firefox、Opera、Safari、Mac Internet Explorer、その他( )
使用テンプレート名:
共有/公式:共有、公式、不明
ブログURL:(なるべく)
アダルトか否か:一般、アダルト[/quit]
とだけ、レスを入れる。一文字も違えず。いつも、コピペ。

人に言われていると思うから、冷たいと感じる。腹がたつ。

AutoReply名義なら、どうだろう。人力コピペとバレれば、騙された詐欺だと騒ぎになろう。だが、あまりに情報の足りない質問は、初心者さんらしき方が多い。バレるだろうか? 

いやいっそ。

「足跡残し」の方々があれだけのことができる時代なのだ、それなりのアレを手にいれ、ソレをナントカして、とりあえずは質問板とデザインカスタマイズ3板を定時巡回、回答ゼロの発言を検索して、本文ページを開く。定型文書き込みの条件は……。


いや、冗談でっせ。マジでとらんといてな>閲覧者諸氏
速攻、ブログ消去の刑になります、わかってます。いくら私が馬鹿だって、そこまで馬鹿じゃありません。

tag : ユーザーフォーラム

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

質問と回答に関する一考察。

今日、ある検索をしていてたまたまこんなものを見つけました。
(私が今日みつけただけで、データは旧いです)


場所はとあるjavascript質問板


488 :Name_Not_Found:03/03/06 01:22 ID:jh7t7qQD ID:
JavaScriptかどうか分からないのですが、
リンクの下線を消す方法を教えて下さい。
お願いしますm(_ _)m


あ、これは「スレ違い!」で叩きだされるだろうな、と思ったら……。

489 :Name_Not_Found:03/03/06 01:30 ID:??? ID:
>>488

<script>
function eraseUnderlineOfLinks() {
for (var i = 0; i < document.links.length; i++)
document.links[i].style.textDecoration = "none";
}
</script>
<body onload="eraseUnderlineOfLinks();">
答えておらるるし。

490 :Name_Not_Found:03/03/06 01:49 ID:??? ID:
>>489
こいつはすごいテクノロジーだ。感動した。
感動してるし。(ワタシも感動したww)

491 :Name_Not_Found:03/03/06 02:25 ID:??? ID:
すげぇ。
すげぇ回りくどいよ。

493 :Name_Not_Found:03/03/06 05:15 ID:??? ID:
>>489
受けまくってるし。

498 :Name_Not_Found:03/03/06 08:38 ID:??? ID:
>>488-491
いやまて。質問者はたとえば1秒に1個ずつ順番に下線が
消えて行くようにしたいのかも知れない。その場合は
JavaScriptでやるのが適切だとは思わないか?コードは
もちょっと直す必要があるにせよ。
煽って?おらるるし。

500 :Name_Not_Found:03/03/06 08:42 ID:??? ID:
>>498 ホレ。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<html><head><title>???</title>
<script type="text/javascript">
var count = 0;
function step() {
if(count >= document.links.length) return;
document.links[count++].style.textDecoration = 'none';
setTimeout(step, 1000);
}
</script>
</head><body onload="setTimeout(step, 1000)">
<p><a href="http://www.yahoo.com/">テスト</a></p>
<p><a href="http://www.yahoo.com/">テスト</a></p>
<p><a href="http://www.yahoo.com/">テスト</a></p>
<p><a href="http://www.yahoo.com/">テスト</a></p>
...
</body></html>
のってるし!!
……これを実設置すると、こう。動作がかわいい。。惚れそうでつ。




《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

“ささやいてくれよ そばにいるよって”~Silent voice

……ユーザーフォーラム/オンラインデータの小さな数字……(2007/4/17追記あり)


《FC2》ユーザーフォーラムが、あの手の掲示板として非常にいい機能をもっていることや、管理者/モデレータ諸氏によってよく管理されていることは、誰も否定しないと思う。私自身、削除指示、移動指示、変更指示をうけて、え、この程度でですか、と、溜息がでたことも、なかったとは言わないけれど、それはすべて、「検索しやすい」「使いやすい」(精神面含め)フォーラムを目指したことであったことも、理解しているつもりである。

誰にとって?>使いやすい

判らないことがあって掲示板を訪れ、検索で自力解決するユーザーにとって、だろう。
それだけではないが、それが「想定されるメインユーザー」なのだと思う。

彼らは質問をしないかわりに、(非常に稀にしか)礼なども書き込まない。
「見えない相手」のためにフォーラムは整えられる。


ユーザーフォーラムを見ていると、画面一番下あたりに、「オンラインデータ」という枠があり。
皆がPCを見る夕方~夜ともなれば、未登録ユーザーの閲覧数は20とか30とかが普通、たまに午前4時だのに覗く機会があっても10人くらいは閲覧数が上がっている。
ブログ鯖が落ちたりすると、100越えで膨れあがることがある。

フォーラムの開始が、2005年3月27日。今日は2006年11月8日。開始後日数を計算すると、591日。14184時間に相当。投稿記事数: 45916 件。1時間あたり3.19件。

瞬間閲覧数が20だ30だといっても、1時間もフォーラムを見ている人ばかりではあるまい。1時間あたりの実質の閲覧数は、たぶんその数倍だろう。

このことを考えた上で、閲覧数と発言数を比較すると、ROMの厚さが実感できる。


もちろん、閲覧数は、問題解決のユーザーだけでなく、今日はどんな質問が上がっただろうと読み込んでいる回答常連たちもいるだろう。
自分のテンプレートに質問がないかチェックしているテンプレ作家さんもあるだろう。そういう作家さんがけっこうあることを、個別の作家さんのブログで、思い切りミーハーモードで「ファンです」と書き込みをして知った。「フォーラムで名前を見た」というレスが戻るのだ。
だが、やはり、「静かに」フォーラム回答を利用しているユーザーさんの比率が高いのではあるまいか。

そんなことを思いながら、私は、よく、その数字を眺めていた。


フォーラムで言葉のやりとりをしていると、書き込む人だけが、ネットの向こうにいるような気がしてくることがあるけれど。それだけではない。何も言わずにトピックを読み、何かを思ったり評価したりしている人は、書き込みをしている人の数よりたぶん多い。

オンラインデータの小さな数字は、見えない相手、聞こえない声のある「証」。

あそこで言葉を荒げる人たちは、それを目にする人の多さを、考えたことがあるのだろうか?


Quoted from “Silent voice”
えーと^^; コミュニケーションの困難性と「せつなさ」を歌った歌だ、たぶん。by Masao Urino


 ■□■

[2006/11/08あとがき]
夏だから凍結解除、とか言うていたのに、すっかり秋も深まってしまいました。

携帯テンプレほか、いくつか、やりたかったこともこなし、思いがけない経緯で共有提出したテンプレート“makelog”も、トップページを落ちまして。そろそろ再度凍結としようと思います。(そーっと記事を消したり移したりはあるかもしれませんが。とりあえず新規記事はしばらく自粛)

さーて。これからスパートかけて間に合いますかどうか>11月末企画〆
(ネタはもうあるの……)
それが終ったら1月末2月末と〆が続き、それが済んだら某所へ復帰、数年にわたって冷凍庫に放り込んであった連載のサイト掲載。と、頭の中にはスケジュールあるんですがねww

■2007/4/17追記■

 sugar氏『アルキカタをつくるわたしと歩くひとたち(1)』を読む。アルキカタも、フォーラム以上に、「検索者のために」整えられたサイトである。
 アルキカタで『役に立たなかったQ&A』という試みが始まったことは気づいていた。「この記事はお役に立ちましたか?」「まぁまぁ」「いいえ」……どれだけ誠実になされたか判らないワンクリックに、あまりに誠実に答えるこの試みは、sugar氏らしいといえばsugar氏らしいのだが。
 新しい試みが積もりゆくうちに、心を凹ますほどの重みになりはしないかと、遠くから少し危惧している。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

tag : ユーザーフォーラム

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

「こちら」をもっと読まないでもらいたい

 ひさびさのフォーラムネタ。REF
 これはSF者の妄想ですので、あまり本気で読まずに流してほしいんですが。

 続きを読む 

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

FC2フォーラムは敷居が高い

……という説をどこぞで読んだ。あくまで私見ではあるが、「まぁ、そうかな」というのが率直なところ。

 某《A》のほうがはるかに罵倒率は高いが、あれだけ漏れなく罵倒されると、なんというか、罵倒がデフレーションを起こし、罵倒されても誰も驚かないしショックも受けない。もひとつの《A》は大人しいもんだし、《N》や《J》はそんなに高頻度に覗くわけではないが、ちょっと見た限りでは《F》ほど辛辣な感じをうけない。《E》や《L》は静かすぎて対象にならないw。《H》は掲示板あるかどうかもしらないww。《Y》はポイント制のあれか。ポイントのせいか、FAQ級の質問も真正面な回答がついている印象がある。

 正しく質問すれば丁重にもてなすがごとき回答があり、質問のレベルが低ければ即座に回答にその色が滲む《F》は、悪くいえば敷居が高いが、良くいえば緊張感があるということだろう。その緊張感ごと、大切に育てられた「風」(ふう)なのだと思うから、否定するつもりも批判するつもりもないし、回答に参加していた頃はあまり雰囲気をぶっこわさないように(私にしては)気を使っていたつもりでもある。
 ああ、念のため付け加えれば、質問のレベルというのは技術水準の話ではない。基本事項でも、簡単な検索では出ない内容はきちんと対応されているように思うし、高度な内容でもあのフォーラムでのFAQだと冷ややかな感じがする。要するに過去ログやNET検索で「ひと努力」してから質問した形跡があるかどうか、という意味である。

 が。フォーラムには表に見えづらいもう一つの魅力がある。「PM」(プライベートメッセージ)という機能だ。
 メンバー登録すると使用できる機能で、簡単に説明すれば、掲示板内メールのようなものである。メッセージを受け取ると、掲示板にアクセスした際に、ポップアップ・ウィンドウで通知される。自分のメールアドレスに受信通知を受け取ることもできる。表に出しにくい内容をそっと囁くのに、とても便利である。
 ……ときどき狐にじゃれかかられる某さん、ごめんなさいです。ああ、中身は言えませんぞ。言ったら、「プライベートメッセージ」じゃないじゃん。

 ちなみに。あそこの登録はほんとにお徳です。登録すると編集機能がつくので、誤字が直せる。
ミ^。^;彡。oO(これ、重要)

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

くりりん狐。

召還されているのは、阿×なほうか、賢い方かw。でも昔(×,×)書いた以上のことはないですよ……。

強いて追加情報すれば。http://blog.fc2.com/forum/viewtopic.php?t=489を原稿用紙カウント(←またか>阿檀)しました。25枚でした。質問したくて焦る方が読むにはかなりの量かと。でも全部必要なことです。削れとか申し上げる気持ちはさらさらありませんし。箇条書き+リンクなら見かけのボリュームは縮みますが、結局読む情報量は一緒です。切り分ける意味ないじゃん。
新しくなにかを提案したくても何も出ないんです。無策なんです。はぁ。。。

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

そういえば、載せた後に直すのは、推敲って言わないよな。一般的には。

 WEB小説のほうで。 
「自作をサイト掲載前に見せ合って、推敲する会」みたいなものを作ったわけなんだけど、あまり流行らなかった。
 結局、書けたらウレシくなって、すぐにサイトに載せちゃうのだ。で、感想をもらって、ああここがマズいなぁ、と思ったら推敲する。
 それも含めて「推敲」なんだと、そういう感覚に慣れきっていた。

「馬鹿、削除するやつがあるか。削除・訂正は最後の武器だ、我々はブロガー部隊だ」ていう心意気

(c) kanakana_ceo氏
は、ニュースや評論を扱って、「いつ」書いたか、「一人で書いたか、批判を受けて訂正したか」が重要となる“ブロガー”のものだと思う。

 WEB小説者は、批判(あるいは辛口感想)をもらって訂正しても、そのこと自体を悪く言われることはあまりない気がする。書き手にとって、は、もちろんのこと、読み手にとっても作品のクオリティが全てに優先する。そういう世界。

 ああ、なんでこんなことを書き出したかというと、フォーラムに「書いた後で他の方の意見をいれて直す」という意味で「推敲」という語を使ったら、通じなかった、みたいなのだ。そういえば、作品を発表した“後”で直すことが可能になったのは、WEBサイト発表に以降した後のこと。紙で本を出していた頃は、「推敲」って発表“前”にしかできなかったンだよな。と、当たり前のことを思い出した。

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

《FC2》ユーザーフォーラム・モデレータに“無断”編集権はあるか

 sugar氏「人の文章に手を入れるということ」拝読しました。
 あんまりキツい言い方をしたくなくて、うにゃうにゃ言うておりましたが、ご理解いただけないようなので、今回ははっきりといくことにした悪い狐でございます。

 まず、いままでの実績において、sugar氏やpika氏の「モデレータ編集」が、フォーラムをより使いやすくしたい、という善意のものであることには、なんの疑いももっていません。
 けれど、問題は、それが『著作人格権の同一性保持権侵害』なのではないか、ということです。善意であれば法を無視していいことにはなりません。

 続きを読む 

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



01 02 03 04
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。