スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶&雑文テンプレート著作権

テンプレート著作権と知恵蔵裁判~いしなお様への公開私信

 古いエントリーへのトラックバック、失礼します。たぶんこの問題は、いしなお様にとっては「終わったこと」なのだと思います。突然の見知らぬ者からのトラックバック、お許しください。

 当方は、現在、テンプレートと著作権に関する仮想的なケースに取り組んでおりまして、これに関して、ネット上の文献や記事を読み漁るなかで、いしなお様の表明が一番わかりやすく、それゆえになぜ後になって変更なさったのかが私にはよく理解することができませんでした。勇気を出して、TB差し上げる次第です。


 仮想ケースは以下のとおりです。

 《FC2》ブログには、共有テンプレートというシステムが存在します。ユーザーは、《FC2》の変数等諸設定に従ってテンプレートを作成し、《FC2》の審査の上、他のユーザーの使用に供することができます。金銭の取引は介在しません。強いていえば、名誉のみです。

 《FC2》は、規約で「共有テンプレートの著作権は共有テンプレート作者に帰属」としています。

 「他人が共有登録したテンプレートのHTML部分を丸パクリし、CSSで画像や色/カラム幅などを多少変更して、自作としてテンプレートを登録した場合」に、著作権法違反に問えるかどうかを、考察したいと思っております。


 「デッドコピーおよびそれに類するもの」と「一般的なTIPSレベルの要素を部分的に借用」した場合を分け、前者のみを抵触となさった記事、「(特にWebアプリケーションの一部として使われる場合は)プログラムの著作物として」著作権保護下に置けるだろうとなさったコメントは、グループウェアのなかのHTMLファイルの著作権を争ったサイボウズ判例に照らしても、納得できると感じました。

 ところが、後になって『知恵蔵』裁判を根拠に意見を変えていらっしゃることを知りました。

 この判例においては、レイアウトフォーマット自体に独立した著作権は認められない、という結論が下されたわけです。

 そこから敷衍すると、あるコンテンツに対して構造表現やレイアウトなどを行うために作成されたHTMLやCSSコードに関しても、そのHTMLやCSSコード自体に独立した著作権は認められない、という可能性が高いと考えられます。もちろん内容によっては、HTMLやCSSによって構成されたコード自体に著作物性が認められる可能性はゼロではありませんが、一般的なHTMLやCSSの使い方の範疇においては、上記判例を判断基準として採用するのが妥当でしょう。


 知恵蔵裁判は、朝日新聞社の『知恵蔵』に関して
・朝日新聞社が、ブックデザイナー鈴木氏に、「知恵蔵」のブックデザインとレイアウト・フォーマット用紙の作成を依頼。
・ブックデザイナー鈴木氏との契約が切れたあと、別のデザイナーにレイアウト・フォーマット用紙の作成を依頼して、使用。
・ブックデザイナー鈴木氏は、契約が切れた後に使用されていたレイアウト・フォーマット用紙が、鈴木氏が作成したレイアウト・フォーマット用紙とそっくりであるとして、著作権法違反で、朝日新聞社を訴えた。
という事件であると認識しております。

判例を読むと
(レイアウト・フォーマット用紙が)知恵蔵の編集過程を離れて独自の創作性を有し独自の表現をもたらすものと認めるべき特段の事情のない限り、それ自体に独立して著作物性を認めることはできない。
 控訴人は、本件レイアウト・フォーマット用紙は被控訴人から独立したブックデザイナー固有の知的創作物である旨主張する。しかし、年度版用語辞典である知恵蔵のような編集著作物の刊行までの間には、その前後は別として、企画、原稿作成、割付けなどの作業が複合的に積み重ねられることは顕著な事実であるところ、本件における前記一認定の前提事実に照らすと、本件レイアウト・フォーマット用紙の作成も、控訴人の知的活動の結果であるということはいえても、それは、知恵蔵の刊行までの間の編集過程において示された編集あるいは割付け作業のアイデアが視覚化された段階のものにとどまり、そこに、選択され配列された分野別の「ニュートレンド」、「新語話題語」、「用語」等の解説記事や図表・写真を中心とする編集著作物である知恵蔵とは別に、本件レイアウト・フォーマット用紙自体に著作権法上保護されるべき独立の著作権が成立するものと認めることはできない。

等と書かれています。(下線は引用者)

 つまり、これは『知恵蔵』の著作権者である朝日新聞社と、朝日新聞社から発注を受けていたブックデザイナーの間の裁判であるからこそ、「独立した」著作物性が認められないとされたのであって、たとえば、朝日新聞社ではない別の出版社が同一のレイアウト用紙をコピーして使っても違法性がないと読むべきなのかどうか、私にはどうしても理解できません。そして、当方が用意した仮想ケースは、「別の出版社が同一のレイアウト用紙をコピーして使った」のに近いと、考えております。


 ご助言を賜れば、まことに幸です。
 当然のことですが、お忙しかったり、あまりに程度が低いとお感じになりましたら、このままご放念くださいませ。



[自メモ]
著作権で保護されなくても、民法不法行為で保護されることもある、という展開も考えたが、《FC2》規約が著作権しか規定していないので、とりあえず深追いしない。


ishinao様にコメントをいただいたのですが、秘信扱いになっていましたので、ここに転載します。(経緯はコメント参照で^^)
こんにちは、ishinaoです。すでに記憶の彼方に飛んでしまった件ですが、うろ覚えの記憶をたどって返事を書いてみます。

『論議を呼ぶフォーマットの「著作権」(http://www.linelabo.com/chi99714.htm)』というページには、知恵蔵裁判の朝日新聞社側代理人弁護士に対して、

> 1. 一審・二審を通じての最大の争点は、「レイアウト・フォーマット」の著作物性の有無、と考えてよろしいでしょうか?
> 2. 「レイアウト・フォーマット」に関しては、朝日新聞社にも著作権が存在しないとの主張と理解してよろしいでしょうか?
> 3. 「レイアウト・フォーマット」には、どのような権利も認められないとのお考えでしょうか?
> 4. この裁判には、どのような意義があるとお考えでしょうか?

という質問状を送り、以下の回答を得た旨が書かれています。

> 1. ご質問のとおりです。
> 2. そもそも本件「レイアウト・フォーマット」は著作物ではないので、当然、朝日新聞社も著作権を持ち得ないとの立場です。
> 3. 著作権等の知的財産権は発生しないと考えております。
> 4. 朝日新聞社側としては、著作権法の一般的解釈に基づく当然の主張をしておりますので、特段意義があるとは考えておりません。

つまり、朝日新聞社の訴訟代理人である弁護士の方が「たとえば、朝日新聞社ではない別の出版社が同一のレイアウト用紙をコピーして使っても(著作権法上の)違法性がない」と回答しているわけです。

こういう判例がある以上、「出版物における各ページの文字組み、1行の字数、行数、行間、段間等を定めたもの」に相当する、HTMLコードやCSSコード(の本文を除いた部分)に関しては、独立した著作権が認められる可能性が少ないだろう、と判断した次第です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : テンプレート
ジャンル : ブログ

tag : 著作権

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ、ありがとうございました。


鍵コメなので、内容をそのまま他の方にご紹介するのは避けますが、外部のリンクについては……いいでしょうか……^^
http://www.linelabo.com/chi99714.htm
>「レイアウト・フォーマット」には、どのような権利も認められないとのお考えでしょうか?
という問いに対して、知恵蔵裁判、朝日サイドの弁護士さんが、
>著作権等の知的財産権は発生しないと考えております。
という回答をなさっているという情報をいただきました。
つまり、記事中で私が「独立」の一語にこだわって読んだ読み方は、どうやら誤読であるようです。


以下は呟きです。

知恵蔵が平成11年、サイボウズが平成14年。ネオジャパンがHTMLファイルはレイアウトだから著作権が発生しない、という主張をしなかったのは、ネオジャパン自体がIT企業としてHTMLファイルに著作権がないという判例を出したくないので、争点に挙げなかったのでしょうか……。たしか、争点に上がっていない場合は、裁判所は判断しないし、できないことになっているのだと教わった覚えがあり。
それとも、『知恵蔵事件』の静的な「文字組み、1行の字数、行数、行間、段間等」のレイアウトに対する判断と、階層構造をもったリンクや機能の呼び出しといった動的要素をもつソフトウェアのインターフェース設計とを、結びつけなかったのでしょうか……。

もう一つ、「特殊なHTML」であれば、著作権の範囲内に入るかもしれない、という「特殊」の境界線が……。たとえば、一つのブログシステムのなかで、「公式テンプレートには見られない機能」を、ユーザーの使い勝手がいいように、デザイン性を損なわないようにHTML内に組み込んだものであれば、その「特殊」の線を越えるのではないかとも思ってみるのです。これはもしかすると公式テンプレート100余り、共有テンプレート2000余りの《FC2》ブログテンプレートの全体像を知悉したメンバーでないと、判断しがたいのかもしれません。それとも、《FC2》ブログに留まらず、他ブログを含めた論拠が必要かも……。

正直、私もそこまでの判断力があるとは申せませんし……。

私の個人的主張は、逆バリ的に、「コレは特殊ではない、と、論戦を張れる自信がないなら丸パクリをするな」であったりするのですが。

すみません、Passを入れると非公開になるんですか(ここのシステムがよく分かってなかったので、一通り項目を埋めてしまいました)。

非公開コメントにするつもりはなかったんで、もしそちらでできるならば、公開設定にするか、もしくは見えるところに転載していただいてかまいません。

ishinaoさん、いらっしゃいませ。

ありがとうございます。記事の下に入れさせていただきました。

たとえどんな判例があろうと、著作権者が行動しなければ問題になりませんし、裁判所の最終判断が下らなければ侵害かどうか確定しないわけですが、その前提は当たり前の物とした上で、私がHTMLやCSSの著作権について考える場合、以下のような要素単位で分けて考えます。


○レイアウトフォーマット調整を主目的にしたHTMLやCSSコード

 あるWebページを構成する(X)HTMLドキュメントからコンテンツ本文を除外した、HTMLおよびCSSコード全体もしくはその一部分について。
 これはプログラムの著作権の保護対象(コード文字列自体が対象)というよりは、文章の著作権(プログラムコードとしてではなく、単なる文章表現としてのテキストが対象)、図形の著作権の対象(結果として得られる表現が対象)と考えるべきだと思う。
 そして、プログラムの著作権ではなく文章の著作権のみで考えると、データ記述言語による指示の組み合わせが記述されたテキストは、それ単体での創作性は認められないように思う(結果としてある図形を得るために、機械的に作成する部分が大きい=非創作的)。
 一方図形の著作権としてどうかと考えた場合、それはレイアウトフォーマット単体の著作権について争われた知恵蔵裁判の判例から類推するに、著作権法による保護の対象になる可能性は低いように思われる。

○HTMLやCSSコードによって表現されたユーザーインターフェースデザイン

 HTMLやCSSコード自体ではなく、それによって表現されたユーザーインターフェースのデザインについて。
 サイボウズ裁判の判例から類推して、機能から必然的に導き出されるユーザーインターフェースや、そのジャンルにおいて標準化したユーザーインターフェースについては、著作権法による保護の対象になることは難しいように思う。
 また、一般に何らかの目的のために使用する道具が、その目的を達するために採用した機能デザインに関しては、著作権ではなく特許権や実用新案など、アイディアを保護するための(作成しただけでは自動的には付与されない)権利による保護対象となるべきだろう(著作権法、特許法などの成立理念から考えて)。

○HTMLやCSSコードに含まれるスクリプト言語

 JavaScript等のプログラム要素(データ記述言語ではなく、プログラミング言語で書かれたもの)に関しては、プログラムの著作権としての保護が得られやすいだろう。
 ただし、「誰が書いても同じようになるコード」に関しては、創作性に欠けるということで、著作権法による保護の対象外になるため、よくあるコードサンプルに類似したものについては、保護対象とならない可能性がある。

○HTMLやCSSコードから呼び出される画像について

 基本的にオリジナルであれば美術や図形の著作権保護の対象になるだろう。


ただし、これは主に裁判所の判断はどうなるかを考察した基準であって、著作権者が行動を起こすかどうかについて考慮に入れていません。実際問題、著作権者はまったく法的な根拠がなかったとしても、何らかの行動を起こすことは可能なわけです。それを考えると、法的な判断基準とは別に、著作権者の意向を考慮することも、必要になってくると思います。

ishinao様、ありがとうございます。

充実した&わかりやすいコメント有難うございます。

仮想ケースは、HTMLソースがデッドコピー、レイアウト等の位置関係は同一、背景画などCSSで指定した画像だけが異なる、という場合、とさせていただきまして。

>○HTMLやCSSコードによって表現されたユーザーインターフェースデザイン
>サイボウズ裁判の判例から類推して、機能から必然的に導き出されるユーザーインターフェースや、そのジャンルにおいて標準化したユーザーインターフェースについては、著作権法による保護の対象になることは難しいように思う。

>○HTMLやCSSコードに含まれるスクリプト言語
>ただし、「誰が書いても同じようになるコード」に関しては、創作性に欠けるということで、著作権法による保護の対象外になるため、よくあるコードサンプルに類似したものについては、保護対象とならない可能性がある。

私個人がどうしても納得できずに困惑しているのが、「著作権がない」のか、「著作権はあるが、保護される範囲が狭い」のか、というところです。

ありふれた構成を、新規でも奇抜でもないHTMLコードやjavascriptで実現したブログテンプレートの、権利が及ぶ範囲が「狭い」のであれば、とてもよく解ります。

それでも、デッドコピーは元の作品からの距離が“ゼロ”なのですから、やはり著作権において禁止されるべきなのではないか、と。あとは、デッドコピーからどこまで離れれば「機能から必然的に導き出される」とか「標準化したユーザーインターフェース」の範疇と見做されるか、その「距離感」を争うべきではないのか、と。

もともと特許のほうの仕事をしていたため、権利範囲が広い狭いという基本的な考え方そのものが特許法のもので、著作権法になじまないのかもしれない、というあたりが、いささか自信がありません。

もう一つは、「デッドコピー」に対する自分の「怒りの感情」…(「アンフェア!!」)があるため、そこに引きずられて目が曇っていないか、ということにも、まるっきり自信がありません。裁判官の「心証」っていうのは、要するに「感情」なんだよ、などと吹き込まれたことがありまして。そのあたりにも影響を受けてしまっているようにも、思います。

「著作権がある」というのは、通常「著作権法を根拠にした独占的な権利が保証される」を端的に表現したものでしょう。逆に「著作権がない」というのは、別に「あなたが作ったわけではない」と作品を作った事実自体を否定しているわけではなく、単に「著作権法を根拠にした独占的な権利が保障されない」の端的な表現になります。

著作権法は、作者の権利を守る(ある作品を作った人に対して、その作品に対する独占的な権利を与える)ことも目的ですが、逆に作者以外の権利を守る(ある作品で使われている表現が、特定の人間によって独占されるべきものでない場合には、作者に独占的な権利を与えないことによって、他者の利用権を認める)ことも目的です。

「著作権がある」を「作者による独占権を認める」、「著作権がない」を「作者が独占することはできない」と読み替えれば、多少はその表現に対する印象も変わってくるのではないでしょうか。

恐ろしいほど基本的なところが


>「著作権がある」というのは、通常「著作権法を根拠にした独占的な権利が保証される」を端的に表現したものでしょう。

恐ろしいほど基本的なところが判っていないことを露呈してしまって、身も縮む思いなのですが。

著作財産権については(「何も言えない」ということには簡単には頷けないのですが)「言えてもわずか」であること(端的には補償の額が極端に少ないとか)は理解できるのです。

人格権については、どうなのでしょう。
早い話、他人が書いたソースをそのまま使ったテンプレートを、なんの注釈もなく自分の作品として発表する。そのことさえもストップがかけられないものなのでしょうか。

有償の売買であれば、不正競争防止法で網をかけていくとか、別の保護手段があると思うのですが、このケースでは無償で、作者に残るのは「名誉だけ」なので……。

「何も言えない」なんてことはまったくありません。

たとえ過去の判例や法文と照らし合わせたときに、一般論的な判断レベルで不利な状況だったとしても、「実際に司法に訴え出る権利」が失われたわけでもありません。

また、法に訴えなくても、当事者がそれぞれの思うところに基づいて、意見を主張することはできます。「作者の名誉」は必ずしも「著作権法」で守らなければならないものではないでしょう。

ありがとうございました。


>必ずしも「著作権法」で守らなければならないものではない
なるほど……。

小説のほうをやっていますと、著作権というのはかなり「強い」という印象があったんですが、周辺分野となると限界があるということなのですね……。
正直なところ、このあたりで私の理解と能力の限界でして。もう1稿だけ、どうしてこんなことに手を出したのだろうという自己分析を書いて、それでこの話題を〆めようかと思っております。

《FC2》と無関係の方に、これだけ時間を割いていただき、ご助言をいただけたことには本当に感謝しております。

すみません…。


おつきあいいただきまして、ありがとうございました。

>FC2ブログのシステムってなんかわかりにくいなー。コメントのパーマリンクはないのか?
使っておりますテンプレートがframe仕立てで、リンクは判りにくかったと思います。
申し訳ありません。いただいたコメント4本の分は下記のとおりです。
http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-133.html#com99
http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-133.html#comment107
http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-133.html#comment115
http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-133.html#comment119

本当にありがとうございました。勉強になりました。

…と、いしなお様のブログ↓にコメント入れようとしたら、入りませんでした。
http://tdiary.ishinao.net/20060821.html#
URLは拒否なのだろうか、と思いまして、仕方なくこちらに。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



13301 02 03 04
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。