スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶&雑文ただの雑文

R氏への私信:二次書きになりたかったかもしれないあなたへ

こんばんは。なんか召還いただいている麻生(阿檀)です。(しかも、ちひろさんsugarさんお二人から……)

あらためて御挨拶。Rさん、はじめまして。
昔、二次創作をしていた麻生(阿檀)といいます。

キャラクター名や作品名などを使って自分で物がたりを作るのは 著作権の違反なんですか?

うーんと。「作品名だけ使って」物語を作る、というのは、普通はありえませんよね。キャラクター名や、世界観、小道具をそのまま借りて物語を作る。これを、二次創作といいます。

これも、マンガの画像をそのまま借りるのと同様、「作者や出版社(著作権者)が許可していなければ、違反」です。(著作権法第二十七条  著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。 )

結論。やめておきなさいまし


画像の無断使用について、もう一度考えてみた


 Rさんは今回、マンガの画像をそのまま借りたブログについて、カスタマイズを他の方に手伝ってもらおうとして、総すかんくらってますね。たぶん、二次著作のブログは、ここまで冷たくされることはありません。なぜかというと、皆、誰しも、「努力」の量をある程度考えてしまうからです。

 マンガや小説を書く人の、苦労や時間を、考えたことがありますか。ブログを飾るために、公式サイトの画像をそのまま借りる。あるいは、買ったマンガをスキャナでピ!と取り込んで使う。その時間は、何秒でしょう。

 あなたはほとんど努力をせずに、自分のブログの「飾り」を手にいれる。

 リボーンってマンガがどうかは判らないのですが、人気のあるマンガやアニメ、あとアイドル歌手なんかだと、キャラクター製品ってありますよね。マンガのキャラがついた文房具とか。それからCMに使う会社もあります。そういう会社は、権利者(出版社/映画会社/アイドル事務所)に使用料を払います。

 でも、もし、ファンたちがみなタダで無断で画像を使っていたらどうでしょう。
「あんな希少価値のない画像には、高い金は払えないよ」
って、なりますよね。そうすると、権利者は困る。それは、わかりますよね?
所詮金儲けか、とか言うファンは、私はキライです(笑)。そういうライセンスの金で、出版社は新人マンガ家を育て、アニメ会社は次回作を製作し、ジャ×ーズだって新人を探して育てるんでしょう。
 だから権利者はそういうブログの管理人に抗議をしたり、ときにはブログ会社(ここではFC2)に「あのブログをなんとかしろ」と通達することになります。FC2はあなたのブログを無警告で消す権利がある。

利用規約には

禁止行為について
ユーザーは本サービスの利用について以下の行為を禁止します。禁止行為を行った場合は予告なく利用を停止しするとともに、禁止行為に基づきFC2または第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします。
1、法令に抵触する内容、及び画像、記事、音楽、ソフトウェアなどの著作権侵害する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為。

(強調、引用者)
って、ちゃんと書いてあります。

FC2社が、そこまで本当にやるかどうか、私は知りません。でも、別の会社では、この理由で次々にブログが消されているのは、知っています。

ここまでは画像の無断使用の話。


では、2次創作は?


 では、2次創作はどうか。

 2次創作はね、画像のコピーと違って、数秒ではできないのですよ。
 誰もがソレを知っているから、「画像の無断使用」ほど冷たくは扱われない。実際問題として、マンガ家や出版社も「おめこぼし」してくれることもけっこうあります。

 ただ、このニュースはご存知でしょうか。
『「ドラえもん」パロディー本 「大ヒット」で困った事態』
http://www.j-cast.com/2007/02/02005312.html2次創作が「大ヒット」したために、出版社も黙っていられなくなった、というケースです。

 Rさんが、2次創作作家として、どの程度の腕まえか、私はまったく存じません。

 もし、へぼへぼの2次作家だとしましょう(ごめんね)。2次創作するのにはそれなりの工夫もいるし時間もかかる。それをつぎ込んでも、へぼへぼの2次創作ブログでは人気がでません。

 もし、すばらしい腕前の2次創作作家だとしましょう。大人気!大ヒットになり、有名になると……、出版社は「おめこぼし」がしていられなくなります。

 どっちにしても、幸せな結末とは言いがたい。とくにランキングが好きな人には向きません。上がっても下がっても不幸せ。

 私も、何年かの間、2次創作をやっていました。でも、(著作権を勉強したことも一つのきっかけでしたが)今は止めてしまいました。2次創作は、ハタで見ているより大変です。原作を緻密に勉強しないと、いい2次創作は書けません。原作と矛盾すると、詳しいファンにつっこまれます。登場するキャラクターはすべて大切に扱わないといけません。自分が好きなキャラでなくても、そのキャラのファンが読んでいるかもしれないからです。時間をかけ、気をつかい、最大の努力をして仕上げても、それは、「あなたの作品」として残ることはありません。しょせんは「2次創作」。マンガ家と出版社の「おめこぼし」で存続する、「日陰の花」だからです。

 なんか、書いていて、この記事が、sugarさん・ちひろさんが期待なさったものとまったく違うものであることは確信があるんですが。

 法律をちょこっとカジった人間としてじゃなく、かつての経験者として心から申し上げます。もし、あなたの好きな作品が「2次著作OK」の作品でないのなら、2次著作は、やめておおきなさい。(2次創作出身の作家や、会社(G社とかw)のように、一定の2次創作を認めてくれるところもあります。)


 Rさん。あなたに今おすすめできるのは、まず、お好きなマンガの「いいファンサイト」「いいファンブログ」を探すことです。「面白い感想」を探し、それを読むことです。あなたは「感想だけではつまらない」とおっしゃる。あなたは、もしかしてまだ、「面白い感想」というものにめぐり合っていないのではありませんか?
 ちなみに、ね。私が8年間、ネットで仲良くしてもらってる「ネッ友」は、某SF作品の感想BBSで、お互いに「面白い着眼点で感想を書くヤツ」として知り合ったんですよ。


短いまとめ


 画像の無断使用:×…他のファンから冷たく扱われることも
 二次著作:たいてい×…周囲の目は無断使用よりはマシですが
 タイトルを書く:○
 アフィリエイトを使う:○
 事実を紹介する:○(新刊の発売日とか、イベントがあるとか)
 感想や批評:○
「認められる範囲」での引用:○
  ・引用する必然性がある。
  ・本文が「主」、引用部分が「従」。
  ・本文と引用部分が明らかに区別できること。
     (「」で囲む / 行頭に">" / 「引用」タグ([Q]ボタン)等)
  ・引用元が公表された著作物であること。
     (メール/秘コメ公開には了解をとる)
  ・出所を明示すること。
     (著作権法第四十八条)
  引用元:『引用』(wikipedia)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

お応えいただきありがとうございます。

いえいえ、期待していたよりももっとぐいっと引きつけたお話で、大変参考になりました。
ただ「短いまとめ」は分かっているひとには簡潔なまとめですが、分からないひとにはもう少しだけ色をつけてほしいかな、という気がしました。

ありがとうございましたv

麻生(AdanKadan)さん、こんばんは。
経験者だからこそのリアリティーがあるお話で、興味深く読ませて頂きました☆(…て、『経験者だからこそのリアリティーがある』って発言、日本語として変ですね…ιうまく言えなくてスミマセンι)

麻生(AdanKadan)さんを呼んだ(sugarさん曰く「召喚」。笑)のは正解でしたv わざわざありがとうございました。m(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いらっしゃいませ

sugarさん、ありがとうございます。「まとめ」部分は、ちょっと時間の都合もあって、手がまわりきりませんでした。

ちひろさん、お恥ずかしいものをお見せしまして、恐縮です^^;

鍵さま、ご指摘ありがとうございました。

いい記事だと思いますよ

 私信、とありますけれど二次創作をやっている方向けのガイドラインの一つになりそうな気がします。

Zさん、ありがとうございます。

ガイドラインというのとはちょっと違うかもしれませんが。
それに本当のことをいうと、「いま二次創作をやっている方」にこれを見せたら、おやめになるんかなぁっていうのは、とても疑問です。「日陰の花」を承知で続けている方も多いと思いますし^^; 
私も一番ノッていた頃は、物語が頭の中で「できてしまう」状態で、同じ作品を好きになった仲間にそれを「見せずにいる」ことがもうできないって感じでした、「もうビョーキでけっこう」とかウソぶいてましたしww
今回のRさんは、まだそこまで行ってない感じでしたので^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



19301 02 03 04
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。