スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶&雑文テンプレート著作権

憲法>法律>規約>規約

有希之武氏

法律で全てを解決出来ると言う姿勢に私は賛同できませんが、


sug氏

著作権とのみ結びついていると考えてしまう人はその背景や本質を見落としているのじゃないかな。

えええと。もしかして、これはσミ^。^彡わたしのことです?
もしかしてもしかしてschutz氏のこれ↓(2007.4)

一部の方は、(1)と(2)が一体、すなわち著作権がなければコピーを止められないと認識しているようだが、そんなことはない。FC2とテンプレート制作者、利用者(FC2ブログユーザー)がそれぞれ契約を結べばよいことだ。

も、σミ^。^彡? (気づくの遅いよorz)

私自身は
・テンプレ作者規約とは、テンプレ作者とテンプレユーザーとの契約である。
・《FC2》ブログ規約とは、FC2社とFC2ユーザーとの契約である。
・《FC2》ブログ規約に違反したテンプレ作者規約は、無効である。
・法律に違反した契約は、無効である。
・憲法に違反した法律は、無効である。
というのが大原則だと思っています。つまり
憲法>法律>FC2規約>テンプレ作者規約
です。

 schutz氏

FC2とテンプレート制作者、利用者(FC2ブログユーザー)がそれぞれ契約を結べばよいことだ。

と、書いていらっしゃいました。たしかに、《FC2》とユーザーの間の契約=《FC2》ブログ規約が、(憲法と法律の許す範囲で)細かく決まっていたならば、それにさえ従っていればいいのですが。

 現状、「アダルト禁止規約無効説に反論してみる」に書いたとおり、この問題に関連しそうな条項は2つしかありません。

■テンプレートの著作権に関して
公式テンプレートの著作権はFC2に帰属し、FC2ブログ内に限り編集を可能とし、FC2ブログ以外での使用を禁止します。
FC2ブログで作成した共有テンプレート著作権共有テンプレート作者に帰属し、作者の許可なしにFC2ブログ以外に転載することを禁止します。

禁止行為(中略)本サービスの運営・提供又は他の利用者による本サービスの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為とその幇助。

 前者については、つまり、「著作権法におまかせ」としか読めません。著作権法で許される権利は、「許諾に係る利用方法及び条件」を定める権利を含めて、なにも引かずに作者の手元に残っている。だから、私は著作権法にこだわっているんですよ? もっとも、規約に書いてあってもなくても著作権法はかかるので。「著作権におまかせ」とだけ書いた規約は何も書いてないのと同じことなのですけど……。
 後者がテンプレート個人規約を禁止すると解釈すると、「作品の詐取」ですね。というのもすでに前記事に書きました。

 「規約で決まっていないこと」は、他の文書で補完していいと思うのですよ。登録ガイドラインだろうが、旧マニュアルだろうが新マニュアルだろうが、フォーラムのスタッフ回答だろうが。たとえば、 「公式テンプレートは、画像以外(HTML/CSS)は流用しても共有テンプレートに登録可能」なんていうのは、けっこう重要な情報じゃないかと思いますが、私の知る限りフォーラム回答のなかにしか書いてありません^^;

 しかし、規約とそれらが矛盾した場合、規約が優先すべきです。ましてや、他文書が曖昧で、規約のほうが厳密に書いてある場合、規約が優先するのは当然じゃないかと思うのですが。

 ■

 ところで、sug氏と意見交換している間に、sug氏が共有テンプレートを「誰でも」使えることにこだわるのは、公式マニュアルに「FC2ブログのユーザーなら誰でも、簡単に利用できる」とあるからではなく、「共有」という名前だからだということが、私にもやっと理解できました^^;
 sug氏によれば、共有というのは、そういう概念だと。
 児島の仙人氏が「共有ファイル」という語を例に引いて

その「概念」は、単にあなたの「思い込み」にすぎない。

 と主張していらっしゃいますが。
 なんか、ワタシ的には、「公有」ならわかる気がするんです。極端な話ですが、たとえば、どんな職業についていようが、役所で住民票がとれないってことはないですよね、そんな感じ。私がもってる「共有」という言葉のイメージは、たとえば、「共同浴場:泥酔者と刺青のある方はご遠慮ください」くらいのニュアンス。でもこれ、言葉としては「共同」ですね、「共有」じゃないですね。
 共有、共有ねえ、、と呟いているうちに、勝手に手が動いて「共有」でぐーぐるしてました。
どっかに辞書引くの大好きな方がいらしたなあ。ブログとまってるけど、お元気なンかなあ)

 最初に出たのは、「共有-wikipedia」。

共有(広義)といっても、団体主義的な色彩が強いものから個人主義的な色彩が強いものまでさまざま存在する。講学上は以下の三類型に分類される。

総有
もっとも団体主義的な色彩が強い類型。個々の共有者の持分の大きさは観念できないため、利用方法の決定には、持分権を有する者全員の合意が必要となる。権利能力なき社団における共同所有形態はこれであるとされる。民法上の組合が、個々の共有者の持分の大きさを観念せずに運用されるに至った場合(慣習的に社団化した場合)、結果的に持分権者全員の合意が必要となり、総有となる。
合有
総有と共有(狭義)との中間的な類型。個々の共有者の持分は観念できるものの、分割請求などは大きく制約される。共同信託や組合がこれである。夫婦間の財産関係(264条参照)については争いがある。利用方法の決定には、持分権における過半数の合意が必要となる。
共有(狭義)
もっとも個人主義的な色彩が強い類型。個々の共有者の持分は具体的に観念され、分割請求なども自由になしうる。


 「総有」。「共有テンプレート」が、この「共有」であれば、たしかに、全員が使えなければダメですよね。しかしこれだったら、ある人が共有に出したテンプレートを、訂正したり、削除したりできるはずがありません。
 「合有」。「利用方法の決定には、持分権における過半数の合意が必要となる。 」。他の方のテンプレートの使用方法に合意を求められた記憶はまったくないので、この案もボツです。
 「共有(狭義)」。「個々の共有者の持分は具体的に観念」。強いてあてはめるなら、これなのですかね?? 共有ではある。でも、作者に(具体的に)「著作権のすべて」という持分がある。そうしたら実質的に、「共有者であるはずの人」であっても、「このカテゴリーのブログでは使わないでください」と決めることもできる……んでは、ないですかね?

 sug氏には

もっと WEB 全体でも通用するようなシンプルなルール、または概念が欲しいと思うのは僕だけでしょうか。

 と問いかけられました。
 そのために法律や国際条約があります。というのが私の答えです。
 たしかに著作権自体がWEBコンテンツ発展のさまたげだ、と、考える方がいらっしゃるのは、私も存じておりますが、WEBが現行著作権法の規定を超越する、と、定めたいのであれば、しかるべき手続きをへて、法を変えてからにしていただきたいものです。個人的には、WEBだからこそ、作者の著作権を大切に考えなければ、作者のなかには作品をWEBで発表するモチベーションを失う者も出てくるだろうと考えています。
 「俺は、そんなことではモチベーションを失わない」という俺論は、勘弁してください。
 ふっと思い出して、まったく違うことのために書かれたエントリーではありますが、sugar氏の「「多様さ」を認めるって生易しいことではない。」を再読しました。

「多様さ」を認めるって生易しいことではない。

「さまざまなもの」を受入れて在るのがウェブの世界

あるひとつの価値観でもって世界を構築しようとすることに私は抵抗します。それこそ、ウェブとは対極にあるものだと思っています。

 違う話題のはずなのですけれど、「価値観の多様性を」という面では相通じるものがあると思います。
 前エントリの繰り返しになりますが。満員電車のなかで、お尻に手を置かれた者が身ぶるいするほどの嫌悪を示しても、「減るもんじゃなし」と嘯く人はたしかにいます。自分の作品であるテンプレートの上に、アダルトコンテンツを置かれたって、たしかに減るもんじゃありません。それはたしかに単なる価値観です。けれど、本人にとっては、大切な価値観であったりも、するのです。
 と書くと。では、(アダルトを含む)ユーザーの価値観はどうなるのだ、と問い返されるのでしょうね。テンプレート作者の価値観とユーザーの価値観が衝突したら、どちらを取るのか?と。たぶん、そこで、私とsug氏の意見が合わないのでしょう。
 私は、WEBを富ませる人のほうが、WEBで大事にされるべきだと思っています。つまり、なにかを作りだせる人。この件では、テンプレートを作り出せる人です。

 ■

有希之武氏にいただいたコメントへのレスです。

 daniel氏、有希之武氏が、現在の共有テンプレート制度とは異なる、新しいシステムの具体的案を模索していらっしゃることは良く判っているつもりです。お二人から見ると私は、規約や法律に拘泥すぎに見えるだろうことも想像がつきます。
 けれど。
 新しいシステムを作るとは、イコール、新しいシステムのための新しい規約なりガイドラインなりを作ること、でもあります。
 もし、いままでの共有テンプレートシステムを温存して、より自由な新システムを追加的に設けるのだとしても、スパイウェアやワンクリック詐欺リンクまで放置はできないでしょう。どこで線を引くのか。その線をどうやって守らせるのか。
 あるいは、もし、いままでの共有から一定の条件で一部のテンプレートを追い出して、区分するのだとしたら、その実作業はどうするのか。いったん全テンプレートを「なし」にして、ゼロからやり直すという手だって無くはないですが。いま「ブログ」でGoogleすると、1位に出るのは、たしかに《FC2》です。2位はどこですか。この現状で、大家に「資産をゼロに戻して再スタート」を要求するのは……、現実的ではない気がするのは私だけです?
 ま、案外、ボランティア募ってダブルチェック/トリプルチェックくらいかけながら、現行共有テンプレートの、作者規約あり/なしで、区分しちゃったら、できてしまうのかもしれませんけど……。《FC2》ブログの、テンプレート以上の資産は、システムサイドに好意的で協力的なファンユーザーだということは、リニューアルβテストを遠くから見ていてもよくよくわかりましたので^^

 

[メモ:2007/9/22時点の共有テンプレート登録ガイドライン]
研究目的ってことで、大量引用お許しを。FC2からNGでたら消します。

旧管理画面からリンクされているマニュアル

・FC2ブログの利用規約に準じ、オリジナルテンプレートの著作権は各登録ユーザーに存在します。
http://blog.fc2.com/kiyaku.html

・登録条件として、

1 アクセス解析、カウンタータグを含まない

2 過度の商用リンクが含まれていない
→ 2007/03/22 以降の登録は作成者のリンクと素材を使用している場合は素材サイトへのバックリンクのみになります。
→ 2007/08/28 著作権リンクのバックリンクはFC2ブログ内に限ります。
→ 2007/08/28 素材リンクについては実際に素材を配布しているかどうか確認します。

3 公式テンプレの画像を使用しない。
→ 2007/03/22 公式テンプレートの一部を変更しただけのものもしくは、表示が類似したテンプレートはご遠慮ください。
ただし携帯テンプレートの場合は個別サーバー内の絵文字画像は使用して構いません。
→ 2007/08/28 FC2ブログドメイン以外の外部画像の参照はご遠慮ください。

4 広告は全てのページにおいて表示できる箇所に設定してください。
詳しくは下記の広告規定をご覧ください。
http://blog.fc2.com/manual/blog-entry-10.html
モバイルの場合は<%mob_ad>を上部に記載するようにしてください。

5 新規登録する前にIE,FireFox等複数のブラウザでチェックしてみてください。

6 アダルトジャンル、もしくは一般的ではないジャンルからの登録はご遠慮ください。

▼新管理画面は下記のとおり、微妙にちがいます。

引用

あなたがデザインしたテンプレートを他のユーザーも使えるようになります。
規約に準じ、オリジナルテンプレートの著作権は登録したユーザーに帰属します。
同名のテンプレートを応募した場合、上書きされます。お気をつけください。
応募条件は下記のようになります。

アクセス解析、カウンタータグを含まない
商用リンクが含まれていない
公式テンプレートや、その他の共有テンプレートとデザインが似ていない
自分のブログへリンクさせる場合、フッター部分など一般的な場所に、
「Designed by XXX」と、リンク先がデザイナーのブログであるとはっきり解るように明記してください
独自広告タグは全てのページにおいて表示できる位置に設置してください
PC用タグは <%ad> <%ad2> モバイル用タグは <%mob_ad> になります
詳細なルールは『広告の表示について』に記載されておりますので登録前にご一読下さい。
登録する前に複数のブラウザ(InternetExplorer,FireFox,Operaなど)で動作確認をお願いします
アダルト・アフィリエイトジャンルのブログからの登録を停止しました


 実は比較のために、《NINJA》《JUGEM》の規約も調べたんですけど……。ある方にいやがられそうな予感がするので、引用はやめました。ミ^。^彡っ ちなみに、《NINJA》は「共有テンプレート」というネーミングで、登録時に、作者規約を書きこむ欄が用意されています^^;
関連記事
スポンサーサイト

tag : 著作権 アダルト禁止規約 共有テンプレート

言葉足らず

まず、誤解を生じる表現に成ってしまったことご勘弁下さい。
得にadanさんを個人的に差したわけでは有りません。
個人的な経験上から《法律が弱者救済への道しるべ》には成らないと感じているからです。
医療裁判寸前まで考えた事があり、その際に色々な方に相談し、自らも調べましたが学力・財力の無い私には到底不可能であると判断せざる終えない事があり、泣き寝入りした事から来る嫌悪感に他なりません。
当然、相手は有能な弁護士であり法律に精通しているわけで対処法も熟知している訳です。
こちらも弁護士さんに相談しましたが「現状の法律では厳しい」という返答を得、今の法律に矛盾を感じているから嫌悪感に繋がっているのだと思います。

テンプレート問題とは違うと言えばそれまでですが、どうしても現行の法律だけで解決するのではなく、自衛のための手段を模索する方が得策と考えコメントしました。
コメントにも書きましたが、現行の法律でも解決策を探るadanさんの姿勢には注目していますし、見守っても居ます。
だから、無い知恵を絞って考え、自分の考え、感想をコメントしているわけですけど。

法律が「すべてを救えるわけではない」

……ということは、私も理解しているつもりです。けれど、だからといって、法律が「すべてのケースで無力というわけでもない」という気持ちがあります。

有希之武さんの個人的なことは(ちらとですが)存じ上げていたのに、ちょっと軽く流しすぎたか、という自省はあります。その点については、お詫びします。

うーん

昔のことなので、誰を指したのかは思い出せません…。でも、おひとりじゃなく、複数の意見だったと思います。

最近、また議論が盛り上がっているようですね。まったくついていっていないので、コメント不能ですみません。

schutzさん、いらっしゃいませ。

古い記事を唐突に引用しまして、すみません。作者規約を「有効」とするためには、作者に著作権が存在する必要があったので、以前の記事をだいぶ読み返したものですから……。

コメントの投稿

非公開コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 法律 】について最新のブログの口コミをまとめると

法律に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

「共有」の「共」は「共産主義」の「共」!?

> 共有とは、そのユーザや使い方に制限を設けてはいけない。これが基本である。 http://sug.blog2.fc2.com/blog-entry-902.html 初めてこれを読んだときから、ずっと違和感があった。 そこに供...

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



22601 02 03 04
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。