スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2》フォーラム

《FC2》ユーザーフォーラム・モデレータに“無断”編集権はあるか:[メモ]意見を変えました

後でゆっくり書く予定。とりあえずメモだけ。
《FC2》ブログの規約が変更されている。

■紛争処理
1. 本規約は、米国カリフォルニア州法が適用されるものとします。当サービスの利用から生じた一切の紛争やクレームについては 米国カリフォルニア州において認知される仲裁手続きにより解決されるものとします。 仲裁を経て解決されない紛争やクレームは裁判にて解決されるものとし、その場合、 米国カリフォルニア州地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。仲裁・裁判に関する弁護士費用は各当事者の負担とします。
2. 本規約の条項が裁判所により無効あるいは施行不能とされた場合でも、当該条項以外の内容を有効とし、適応されるものとします。



3月のアーカイヴでは、まだこの記述はないので、最近の変更。

モデレータは《FC2》の委託を受けているため、その業務上の著作権上の問題は、《FC2》vsユーザーになる可能性がある。
・モデレータvsユーザーになるか《FC2》vsユーザーになるかは微妙。
・ブログユーザー以外のコメンテーターにブログ規約がかかるかは微妙。

日本著作権法ではなく、アメリカ著作権法を考慮すべきかもしれない。
・日本の同一性保持権:“意に反して”変更はできない。
・アメリカの同一性保持権:フェアユース概念が入ってくる。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/8804/lec4.html

アメリカ合衆国の著作権法では、「元の著作物の現存ないし潜在する価値を低減することなく公共の利益を増進するとき並びに私的利用、調査研究目的には、著作物の無許諾の利用が認められ、著作権侵害を構成しない」とされる「フェアユース(Fair use)」という考え方があります。

↓あとでよむ
はてな
米国著作権法における「フェア・ユース」の考え方について

日本著作権法がかかる場合、変更された本人が「意に反した」変更であると主張すれば著作権侵害となるが、アメリカ著作権法であれば第三者視点で「フェアユース」と判断されれば免責、なのか?<アメリカ判例は皆目わからん!

【残る問題】
モデレータが投稿者に無断で投稿者の書いたものを変更し、名義は投稿者のまま。これは「フェア」といえるか?
・私個人は「アンフェア」と“感じる”が、sugar氏pika氏のコメントを読んでも、私の感覚は一般的なものではないと予想できる。

【結論】
むずかしい^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



27201 02 03 04
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。