スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《FC2》(マルチカテゴリー)《FC2小説》

《FC2小説》ができたようだが。

《FC2小説》というサービスができたようだ。できたてである。ほやほやである。

『 ホームページで 小説を公開しているけど、編集が面倒… 』
『 小説ブログを読んでいたけど、続きはどこから読めばいいのかよくわからなくなってしまう… 』
そんな経験はありませんか?

 おお。さすが。判ってらっしゃる。と、言いたいが。言いたかったンだが。……はっきり聞きたい。あのー、これ、「どれから読めばいいか、よくわからない」ンですが。

 開設2日で、数十作品の登録があったようだ(数えてない)、それはご同慶の至りである。たとえば、ジャンルの一番上である「恋愛」を選べば、数十のタイトルが並ぶ。タイトルだけが。
 で?
 このなかでどれを読む?

 他の小説サイトでは、ほぼ「必ず」作者のつけた作品紹介か、小説の冒頭数行が一緒に表示される。同業者wというのは恐ろしいもので、数行読ませてもらえれば、日本語の「好み」はかなりの精度で見当がつく。重たい文章が好きなら重たい数行を、軽い文章が好きなら軽い数行を選べばいい。
 ところがなぜか、《FC2小説》システムは、1クリックしないとあらすじが見えない。全部のタイトルをクリックしてあらすじを見ていけということだろうか?
 作者表示が目次にないのもイタイ。ある作品を読むとする、気にいったとしよう。次にアクセスしたとき、
「こないだの、あの人の新作はないかな?」 
と思っても。前回の作品を「ジャンル別」で探して開き、作者欄をクリックして他の作品を探さなければならない。目次ページに作者表示はぜひほしい、作者検索があってもいいくらいだ。

 denpanオチてる間に突貫工事で開設したとかないよね?←落ち着け、狐。それはいくらなんでも疑いすぎだ。
  
 けなすばかりじゃ申し訳ないので、最後に。「一番肝心」の作品ページはレイアウトバランスもよく、読みやすいです。これは書いておきます。

【使用方法[登録]】使用感は大変シンプル。
FC2IDで、小説IDも作成可能。
 ↓
ペンネームを登録
 ↓
小説ページは1ページ1000文字まで
続きの章を入れても、新着には上がらない。

【使用方法[閲覧]】
読む際、「しおり」をはさんで、次のアクセス時に「続きから読む」機能がある。
感想を書く機能がある。
※現在は短編ばかりだが、意外に長編を読むことを想定しているのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



28701 02 03 04
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。