スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶&雑文

フォント迷走譚[1] 買ったフォントが使えない?~フォント利用規約問題

フォント迷走譚

 別所に書いたとおり、私には「フォントフェチ」という病気があって。
 《JUGEM》の若手ブロガー諸嬢(小学生~高校生)が、ブログ脇メニューのタイトル……「コメント」とか「カテゴリー」とか……に、思い思いのフォントを使ったロゴ画像を入れているのを見ていて、
「《FC2》の共有テンプレートでは意外に少ないんだよなー」
とか、
「そのうちやってみたいなー」
とか思っていたのですな。

 それが、今回、公式デザインテーマが「カフェ」ということが判明、「カフェのメニューブックみたいなテンプレはどうだろう!」と思った。全体に紙っぽいテクチャを貼って、メニュータイトルに手書き風の飾りロゴを入れたい……。

 で。
「フォントの著作権大丈夫ですか?」
って質問が来たときに答えられるようにしとこう、と思ったのが、今回のモロモロを調べ始めたきっかけだった。
 以前に、「フォントは著作権で保護されない」という話を読みかじっていて(脚注参照)。
 そこを押えれば大丈夫なはず、と思っていたのに、ちょっと検索したら、こんなん出ました。

 WindowsやWordにデフォルトで入っているフォントの殆どは、「フリー素材」および「有料素材」には使用できないようです。(使用するためには別途有料でライセンス契約が必要だそうです) /『First Moon Blog』

 ミ゚。゚彡。oO(……なんですと! )
 これまで私は、フォントには著作権がかからないと信じていたので利用規約もろくに読んでいませんでした(ごめんなさい)。あわてて今回使う予定だったフォント製品関係の利用規約を確認すると、どうも、著作権で縛りきれないところを利用規約で縛っているようなのです。
 

『FontWire3400』(データクラフト)

営利、非営利を問わず、広告やパンフレット等の印刷物の印字作成用や、ホームページ等の文字表現用として使用できます。また、特定の第三者への提供目的の為に本製品に含まれるフォント(以下「フォント」)をPDFファイル等に埋め込んで配付することができます。
不特定の第三者に配布することを目的として、PDFファイル等のデータにフォントを埋め込んで配付したり、インターネットやそれに類する方法で公開することはできません/『ユーザー使用許諾契約書』(強調引用者)

 無料のロゴ配布について直接は例示していませんが。「不特定の第三者に配布することを目的として、(…)インターネットやそれに類する方法で公開することはできません。」と規約にあるフォントを、配布モノに使う勇気はありません。
 一方、「ホームページ等の文字表現用として使用できます」と明記されているので、自サイトであれば確実に使えることが判りました。(オレンジの「浪漫」のロゴ画像は、「FontWire3400」AR浪漫明朝体Uでちょっと遊んでみたものです^^)

『DynaFont TrueType600+欧文3000 Vista対応版 』(ダイナコムウェア)

お客様は本ソフトウェアを映像、ゲームなどのデジタル作品に格納したり、商業放送に使用することはできません/『DynaFont TrueType600+欧文3000 Vista対応版 使用許諾契約書』(強調引用者)

 ミ゚。゚彡。oO(……なんですと! )
 いったいどこからどこまでがデジタル作品に該当するのでしょう? 映像・ゲームっていうのは、動くもの限定かな? しかし、フォントの使用に「動くかどうか」で区別するのもなんだか妙です。
 フォントをただ並べたり(ex.上の画像の上半分)、画像加工ソフトにおまけでついてるエフェクトをかけただけのロゴ画像を「作品」と呼ぶのはピンと来ないので、まぁ大丈夫かな?と思います(が、確認したほうがいいかも)。しかし。「(自分で作成した)オリジナルのエフェクトを入れたロゴは?」(ex.上の画像の下半分w) 「ロゴと自作イラストを組み合わせた画像は?」 今現在の自分の問題としては、「ブログテンプレートはデジタル作品か」「フォントを使用したロゴ画像がテンプレートに含まれるのを、格納と呼ぶか」。むむむ、難しい&ややこしい。■8/10追記:別ページに明記ありました。(強調引用者)

WEBデザイン」等への使用については「非商用利用」と判断いたします。


「商用利用」の範疇に含まれる代表的な使用方法は以下のようになります。
(中略)
DVD、テレビ放送、ゲームなど、フォントから生成した文字画像データを含む電子データ及びコンテンツを複数配信・販売する場合。
(中略)
配布目的で作成したバナー等が直接利益を得る使用方法(商用利用)。

追記ここまで。

Key Fonts(マーキュリーソフト)

 ところで。
 今回私が使用したかったのは、欧文書体でして。よくみると、上記両製品にバンドルされている欧文書体は、データクラフトでもダイナコムウェアでもなく、マーキュリーソフトという別企業の製品なのでした。
◆商用利用における使用許諾契約が必要な場合

販売を目的とした製品(デジタルデータ、映像、文字自体に対価の発生する印刷物)に利用されます場合に、使用許諾契約が必要となります。

◆商用利用における使用許諾契約が不必要な場合

販売を目的としない印刷物作成の場合(取扱説明書、マニュアル、ポスター、カタログ等)
個人使用の場合又は企業・団体内での使用の際、直接的な営業収入が発生しない場合
/『Key Fonts シリーズ商用利用における使用許諾について』(強調引用者)

 とりあえず、ウェブでの使用は「印刷物」ではない、それは判ります。
 自分のサイトで使うのは「個人使用」といえるのか? ……著作権では、ウェブでの使用は「公衆送信権」であって、個人使用の範囲外です。しかし、フォントは著作権で保護されているのではなさそうだし。個人のサイトで使うのは個人使用なら、個人のサイトが個人のサイトで使うために無料配布をするのも「販売を目的としないから個人使用」といえるのか? それとも「購入した個人/企業/団体」で使えば「内」で、配布するのは「外」なのか?
 ミ~。~彡
 ……マーキュリーソフトに問い合わせてみることにした、のが、実は7月30日のことでした。


[注記]
当記事に引用した利用規約は、記事執筆時点のものです。
実際にお使いになる場合は、最新の規約をご確認ください。


[脚注]
「フォントは著作権で保護されない」に関する参考ページ。
フォントに著作権はあるか?
しろもじメモランダム■[書体]文化庁「著作権なるほど質問箱」のフォントの項
公有フォントの利用と制作のための参考情報
フォントの保護(赤澤特許事務所)

8/9微妙に推敲、初稿コメントアウト
※誤読誤解がありましたら、ご指摘ください。

8/11追加
MS明朝/MSゴシックは、リコーライセンスに該当
http://www.ricoh.co.jp/font/pc/licence/

フォントの一次使用範囲(お客様ご自身の使用範囲)
◇個人Webページの使用


9/3追加
メイリオについては、C&Gライセンスに該当
http://www.c-and-g.co.jp/business/licence.html

一次使用権
WEBページの文字表現用として使用することができます。



フォント迷走譚
関連記事
スポンサーサイト

tag : フォント迷走譚

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



32801 02 03 04
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。