スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで小説、ブログで小説

ブログじゃなくて小説。

『ブログで小説』をブログ名にしてみましたけど。
「HTML」を勉強せずに、最小限の準備で、ネットで小説を連載するシステム、は、もちろんブログだけではなく。

 続きを読む 

ネットで小説、ブログで小説

小説書きさんのお役立ちリンク

小説を書いた"だけ"では読者なんて来ないものです。小説を宣伝するのに、役にたちそうなサイトさまを、ご紹介。

オンライン小説情報リンク集~オリジナル・一般向~
莫大なリンクを集めたリンク集。こまめにチェック/更新されている。
自作の宣伝には、「オンライン小説 更新情報・宣伝・情報」の項目にあるサイトさんをあちこち覗いて、自作と雰囲気の合いそうなところに登録してみてはいかが。

ネット小説ランキング』(NNR)
ちょっと宣伝。上記リンク集にも掲載されている小説ランキングシステム『ネット小説ランキング』(NNR)*さんに、「創作支援・ツール・検索」の部門がありまして。うちもエントリーしてるんですよ。できればポチっとww→[NNRに投票]

*NNR注意事項:ブログ掲載作品の場合、目次エントリー(記事)を作成し、その固定リンクで登録する必要があります。
  最新記事登録ではないことに注意。

『作家でごはん』BBSにて、ご紹介いただいていました。m(__)m感謝


ブログ小説専用の交流場所

ノヴェリスト情報ターミナル

ブログ村-小説

はてなリング『ブログ小説』

ブログ小説の本棚
ブログ掲載の小説専門の紹介サイト様。

もの書きさん大集合!
テーマ別に作品をトラックバックする形式の企画ブログ様。

(2007/4/20追加)
ミナソコノ住人/ココログで読める小説群』私設のリンク集。
ココログは「カテゴリーだけ古い順」という指定ができるので、それを知っている書き手であれば連載も比較的楽なはず。

↓管理人のうだくさを隠してありまする。

 続きを読む 

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ネットで小説、ブログで小説

ブログ紹介《マイぷれす》→サービス終了

 この記事では、《マイぷれす》(www.mypress.jp)というブログシステムのご紹介をしていましたが、2012年2月にサービスを終了なさったとのことです。

現在存在するhttp://www.mypress.jp/とは別物です。

tag : 【ブログで小説!】

ネットで小説、ブログで小説

過則勿憚改~当ブログ凍結の辞

penguin 「ブログで小説するなら、《FC2》」だと、本気で思ってこのブログを作りました。慣れないjavascriptをひっちゃきで調べながら、テンプレも作りました。そんなこんなで2ケ月近く、その末に知ったことは──《マイぷれす》のほうが、機能が上

 当ブログの影響で、《FC2》で小説を始めた方がいらしたとしたら、まず、第一優先で、お詫びを申し上げます。それから、小説テンプレに興味をもってくださった方。それに、もし「《マイぷれす》のほうがいいのに」と思ってイラだちを感じた方がいらっしゃったら、その方たちにも、ごめんなさい。

 いろいろと情報をいただいた《FC2ユーザーフォーラム》のアイコンも、このペンギンに変えてきました。気持ちは、お詫びっぽく。
 当方の質問に回答してくださった方、当方の不完全な「勉強がてら」な回答を補ってくださった方、ありがとうございました。知識不足で回答サイドに回ろうとしたことに対して、いらだたせてしまった方がいらしたら、どうぞお許しください。

 予定した原稿の掲載を完了いたしましたので、このブログは当分、凍結とします(削除はしません)。来春、2007年特需(団塊の世代が定年退職したときに、ネットに大量流入があるかもしれない、というネタ)が実在するなら、そのころまた動かすかもしれないですが。

 ブログ関係/ネット関係の雑文の載せ場所は、古巣である『AdanKadanBlog』へ戻します。(『ブログで小説!』に特に関係があるものについては、こちらにリンクを置くかもしれません)

 《FC2》を全面的に離れるわけではなく、別ブログはひっそりと書き継いでおりますし、まして、ネットを離れることは当分ないと思いますので。共有化に出したテンプレートに対するご質問には、きちんとお答えしていこうと思っております。(みょうに手間のかかるテンプレを作った責任もありますしw) 
 ご質問は、AdanKadanBBSへお願いいたします。

[5/30改稿]

過則勿憚改=あやまちてはすなはちあらたむるにはばかることなかれ

アイコン:はっぱ印の博物館よりお借りしております。

ネットで小説、ブログで小説

ブログで小説企画。

煩雑なる過程はすべて省略して、結論。

とりあえず、
主催者がブログ+別スクリプトを用意すれば、企画参加者は(ブログ管理室にログインすることなく)別スクリプトから作品をブログ記事としてアップロードする。
……ことができるようになりました。

・ブログですから、記事(作品)のすぐ下にコメント(感想)をつけていくことができます。
・主催者サマは(参加者も)、作品をHTML化する必要がありません。
・テンプレートを一工夫することで、新着作品、新着コメントは自動表示できます。

 上記“別スクリプト”に関しては、私が使用しているロリポサーバーの規定で、スクリプトだけ「お貸し」することはできませんけれども、企画に参加させていただければ、「企画の一員として、提供」することに差支えがあるはずはなく。

 現在のところ、《FC2》ブログにて使用可能です。《FC2》に仕様変更があって使えなくなったとしても、《ロリポブログ》でテスト済み。おそらく《JUGEM》で使用可能と思われます。

 《FC2》でのテンプレートについては、A野氏が、拙作“cateleon”を改良してくださった上、「レイアウト次第で、こんなにキレイになるんだ……」という可能性を教えてくださいました。
 それ以外にも、《FC2》の2000超のテンプレートのうち、主催者サマが気にいられたものがあれば、小説企画向きに改造していただくことができますし、少々のお時間をいただければ改造のお手伝いもする所存です。

 健全系のオリジナルWEB小説企画であれば、(作品が出せるかどうかは別として)どちらさまへでも伺います。
 まだまだ低スキルですが、「技術手伝い」として雇ってやってくださいませ。
 報酬はリンク1ケで充分です。

ネットで小説、ブログで小説

CGIスクリプト“Anthologys”

 久々、ブログ凍結解除のきっかけの一つは、『Anthologys』というのスクリプトのご紹介です。

 CGIを設置する必要がありますが、1度設置してしまえば、掲示板にカキコをする気軽さで、かなりの長文をアップすることができ、読者はその下に感想と点数を付けられます。掲示板と違うのは、「本文」と「感想」の区別がしっかりとしていること。ブログに比較すると、RSSやPING発信の機能がないのは弱点ですが、画面がシンプルで、小説を読む/読ませることに特化したシステムです。点数をつけることができ、それを作品ごとに合計してくれるのも、特徴です。
 もともと『ブログで小説!』は、ネットもブログも初心者だが、小説はネット公表したい、という方のための紹介ブログ。
 けれど、『Anthologys』に関して言えば、CGIスクリプトの設置というのは(そもそもCGIが動くサーバーを手に入れるところから考えても)初心者向きとはいえないので。どちらかというと、ある程度慣れた人間が設置して、「ネット初心者」を含めた参加者を募る「小説企画」向きのスクリプトかと考えます。ただし、「管理人しか書けない」というモードもあるので、「暇な日にはいろいろできるが、忙しい日にも作品掲載は続けたい」という方には、なかなかいいかもしれないデス。
 この『Anthologys』というスクリプトを見かけたのは、WEB小説関係では有名な某サイト様。

 掲示板をちらほら拝見すると、スクリプト改造へのリクエストだの応答だのがなされていたので、てっきり、そのサイト様専用の自家開発スクリプトなのだと思い込んでましたw。

 しかし、あるとき、いつもよりのんびりしたモードで、TOP画面を眺めていると、画面の一番下にいままで気づかなかったリンクが。クリックしてみたところ、別のCGI配布サイトに繋がる!!

──という間の抜けた経緯で、私はYASUU氏のサイトに出会い、AnthologysのCGIスクリプトを入手することができたンでありますw。


 開発者サイトで稼動しているサンプルは、「詩」の募集に使われており、たしかに詩であれば無改造でほとんど問題を感じません。
 しかし、小説に使用するのであれば、行間を少し空けて、左右余白をいれて、というCSS指定があったほうがいいように思います。リンク先のスクリプトは、ある程度、CSSを変更したものです。スクリプトを見ますと、CSS部分はわかりやすく注釈がつけてあり、CSSがわかる人間であれば、私のようなCGIの心得のない人間でも、すぐ変更できました。


 これも「ブログ投稿システム」同様、健全&オリジナルの小説企画で声を掛けていただければ、いつでもスクリプトをもって参加いたしますので。ご遠慮なく、どうぞ。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ネットで小説、ブログで小説

決別。~あのときめきにさよならを

 カレを初めて知ったときは、ときめいたわ。それは否定しない。
 ちょっと、とっつきの悪いところがあるのは、あのときから判ってたけど、理性的で頭のいい、クールな雰囲気だったし、それでいて、
「この混乱をなんとかしなければ」
って、理想に燃えている感じもあったの。周りの人たちも、
「未来はカレが作っていくだろうね」
って言ってたし。  私、頭良くないけど、カレについて行こうとして、それなりに勉強したと思う。
 でも。カレのこと、知れば知るほど、欠点も目についてくるの。
 最近、昔のあの人と書いたものを読み返したら。なんだか、そっちのほうが、よっぽど心にしみるのよね。
 結局、カレは、あっち機械の方ばっかり大事にしてて、わたし作成者のことはあまり考えてないんだって、そう思っちゃった。
 だから。決めたわ。私ももう、カレのことを第一に考えるのは止めることにした。
 カレの名前は、W3Cスタンダード



 すみません。できごごろなんです。harukiyaさんのアーティクルにしみじみしつつも、つい。

 こんにちわ(←無意味に挨拶)、数ヶ月前まで、某WEB小説交流サイトで、「tableレイアウトじゃなくて、divで書いてみようよキャンペーン」とかやっていた麻生です(滝汗) 
 いや、マジメな話、ページの両端に余白を入れるだけの目的で「<table (マージン関係省略)><tr><td>本文</td></tr></table>」っていうページがいっぱいあったもんで。「<div class="hogehoge">本文</div>のほうが短いじゃない? しかも外部CSS使ったら、全部のページをイッキにリニュできるんすよ?」って。あのときは、カレとも利害が一致しておりましたww

ユーザーフォーラムに、
HTML4.01 等リファレンス
HTML講話
XHTML講話
CSS講話
ばけらのHTMLリファレンス
ばけらのCSSリファレンス
ってざらっとリンクしていた方に対して、「レイアウトが非常に似ている」というコメントがあったのにちょいと笑ったんですが、うちのサイトは「そういうサイト」のパロディだったりww。(H1がとてつもなくちっちゃいとか、やたら派手な壁紙を両端に入れてみるとか)
そんなふうにジャレかかって遊んでみるくらい、カレには魅かれていたと思うの(*ー_ー*)

 しかし、ユーザーフォーラムを見ておりますと、日々、疑問が亢進するばかりでして。
 <div style="text-align:center;">より<center>のほうが、判りやすいうえに、(《FC2》では)カラム崩れのリスクが少ない、っていうのは、ユーザーフォーラムでもだいぶ書かせてもらいましたが。 
 <span style=""> <span class="">だって、<font>のほうが、人が見て判りやすくないですか?
 なんていうんだろう?「人間工学」? 目でみてわかりやすい言葉が選ばれていない>W3C 人工言語として、どうもセンス悪い感じが否めない……って、これはSF者だけが思うこと? (たぶん、プログラマさんたちは(機械にしか優しくない言語に馴れすぎていらして)こういう発想はなさらないかと)
 HTML4.01が、1999年。米パイラ社「blogger」のスタートも1999年だそうで。このころまで、HTMLタグは、プロと、がんばる(ことのできる)アマチュアが書くものだったのではあるまいか、と。
 ブログは、WEBの敷居を大きく引き下げた。それでいて、定型のデータを吐き出す、融通の利かない一面もある。
ブログの普及によって、
エンピツ日記でテキストだけアップしていたレベルの方たちが、タグを読んだり書いたりするようになった」
ような。(……こういう発想だから、「初心者をバカにしている」と叩かれるンだな>自分)

 で。「ブログの時代」にW3Cは本当に「ベストアンサー」なのか??

 私はたしかに、スタイルシートの知識は大したことないです。(小説テキスト書いている分には、そんなに凝った設定いらないんですよ)

 でも、いま、もっと勉強しようという意欲とか、まして、他人サマに「これがいいのですよ!」といえる自信みたいなものが、からっけつ無くなっちまいました。

 別ブログで、現在形で吼えてたら、鍵コメさんにお叱り(?)を蒙りましたので。キモチの変遷を遡る感じで書いて見ました。

 続きを読む 

テーマ : ブログのカスタマイズbyド素人
ジャンル : コンピュータ

tag : W3C_hater

ネットで小説、ブログで小説

<iframe>はいけないの?~非推奨タグについて

プラグイン「カテゴリ目次(iframe)」共有登録につきまして、デメリットも明記する必要……必要というよりは昔の男への義理だてのようなナニカ……を感じましたので、「決別」と内容が重なりますが、稿を立てます。

WEBページは、HTMLという言語で書かれています。
それを読み取る機能を果たすのが、インターネットエクスプローラ(IE)、FireFoxといった「ブラウザーソフト」です。

ある時期まで、ブラウザーごとにバラバラになりかけていたHTMLの詳細部分を、「標準」として定めたのが「W3C」です。

某所で、詳しい方が薦めてくださったW3Cの歴史に関するページ。
http://www.kanzaki.com/docs/html/htminfo-ex1.html
http://members.jcom.home.ne.jp/pctips/history/Web.html

<iframe><font><center>といったタグは、W3Cで非推奨とされています。

[参考]
http://www.asahi-net.or.jp/~sd5a-ucd/rec-html401j/conform.html

[定義]推奨しない
推奨しない要素・属性とは、新しい枠組みができたことによって、陳腐化したものを指す。推奨しない要素は、リファレンスマニュアルの各所で定義し、推奨しないことを明記する。推奨しない要素は、HTMLの将来のバージョンでは廃止になる可能性がある。




つまり、「将来廃止になるかもしれないけれど、今は多くのブラウザーで読めるタグ」だとお考えください。

で。「テンプレートに使ったiframeなんて、将来ほんとにダメになったら、テンプレートを変えればいい」というのが個人的意見でして。かなり確信犯的に使用しています。

ユーザーフォーラムにも書きましたが、
>冷たい言い方に響くようではありますが、WEBというのは、根本的に自己責任の世界だと考えています。──たとえ、こんな数文字のタグ一つをとっても。
プラグインを採用いただくかどうかは、どうぞ、ご一考のうえ、お決めください>このページを見てくださった方へ。

 続きを読む 

テーマ : HP作成
ジャンル : コンピュータ

tag : W3C_hater

ネットで小説、ブログで小説

はぼがいるわけ

ハーボットというバーチャルペットを飼うようになって、だいぶになります。

当時、私が探した範囲では、個人サイトにおける検索システムはNAMAZUしかありませんでした。
私の知識では難度も高く、解説ページを何度読んでも、Niftyサイトに導入できるかどうかが理解できませんでした。

そんなときに出あったのが、単一単語を検索してくれるという「ハーボット」だったのです。

それからしばらくの間、ハボは私のWEBサイトで、デザインのポイント兼「検索担当」を果たしてくれていた…はずです。実際はゲームのほうが使用頻度が高かったかもしれませんがww
(サイトの旧デザイン)→(W3Cにトキメイテいたww頃改訂した新デザイン)


サイトの裏手からひっぺがして、ブログに連れてきたのは、検索のためではなくて、カウンターの代わりです。

『ブログで小説!』では、アクセス解析をつけていた時期がありました。
はずしたのは、自ブログにIPログまでは要らないと感じたからです。
「ああ、誰さんが何時ごろ見てくださったのか」
必ず判るわけではないが、(一度でもコメントがあった方であれば)そこそこの確度で判る可能性がある。それがIP。
私にはそれは、プライバシー情報であるように思われてならず、「データを握るしんどさ」ではずしてしまいました。

もちろん、アクセス解析がアラシでもあったときには有効であることは理解しています。けれどそれが目的であれば、アラシが出現してから、あるいはリスクを感じたときにつけても遅くないわけで。
(このブログでも、臨戦体制にあったときは復活させていました。──あ、事後報告をしておりませんね。あの該当ブログさんは、結局、うちのテンプレをはずしてくださいました。いま、(アダルト禁規約のない)別の共有テンプレートで運営していらっしゃるようです)


通常のカウンターは、逆に、訪問者の情報がまったくありません。

ところが、ハーボットは、総人数をカウントし、それとは別に、ハーボットに名乗った人だけ「誰々が来た」と教えてくれます。時刻の情報はありません。その情報量が、私にはちょうど心地よいのです。

やはり、どうしても表示は重くなるので。何度か迷い、はずしたりしながら、いまはしばらく置いておこうと思っています。

ネットで小説、ブログで小説

視線を導く。

ユーザーフォーラムで「「こちら」をもっと読んでもらいたい」というネタが上がっていて。

小説ブログの場合、視線誘導はどうなるだろう、と、つらつら考える。

画面のなかで、閲覧客に、最初にどこを見て貰うか。

たいていのブログでは、「最新の記事」(メニューではなく、記事カラムのトップ)に目が行く。テンプレ作者さんが意識するしないにかかわらず、そういう作りのテンプレートが一番「落ち着く」という理由で、「そうなっている」場合が多いように思われる。

ただ、小説の場合、とくに連載小説がメインの場合には、
 1)「初めてのお客様」には、まず、「ここになにがあるか」を見てほしい。
 2)「馴染みのお客様」には、「最新の記事」にさくっとアクセスできるように、
──という2つの必要性があることを意識してテンプレートを選ぶ必要があるのだが、「ダブル」はなかなかに難しい。

今、カラム落ちのないtableレイアウトで、上の条件を満たすテンプレートが作れないものかと、メモ紙にエンピツでいくつもレイアウトを書いてみてるんすが、なかなかこれというものは出来ません。

いまのところ、ヒントになるな、と感じているのは、このサイト様↓
http://ayanpa.com/index.html
面白い記事が多い中で、とくにこの記事↓
http://ayanpa.com/archives/2005/09/6_2.html

「ちゃんと見えているのは80mm。ぼんやり見えているのは130mm」(130mm:文庫本の実印刷サイズがこれくらいかな?)

もちろん、個人差はあるだろうが、標準の数字としてはいい線ではなかろうか。

80mm以内の中に、2つのポイント*を置き、一つが「このブログには何があるか」、一つが「最新の記事」への誘導。
でも80mmって意外に狭い。字はあまり小さくしたくないし。とか考えると、けっこう窮屈なのだ。
 *ポイント:大きな字でもいいし、彩度が高い文字や画像、アニメをつけるでも、いいかと。

動くものは、どうしても視線を呼ぶ。だから、作品を読んでいる最中に、横っちょから動くものを割り込ませたりは、しないほうがいい。かなり気がちる。──早い話、ブログペットは、小説とは別ブログにしてほしいモノダ。読者が脇見もできないほどに魅力的な作品を書いている自信がおありなら、別なのだが。


ワタシはアヤシイSF者なので。本当はここで、サブリミナル(潜在意識)効果とかの話も書きたいのだけど、あまりにもアヤシくなるので、このへんで。(まぁ!麻生さんてば、こんなアブナイ本読んでるんですって?!←いつも踏む友人のAmazonIDがついてるかもww。そうだったらごめんなさい、アフィはよく判ってないです)

 

ユーザーフォーラム。初心者向けの注意書きが「目には留まり難いのですかね」という疑問符に、脊髄反射でAnime-Gif一個入れちゃったんだけど、また移動指令orz
ほんとに問題ユーザーで、申し訳のないことです。

「ちっちゃなAnime-Gifで「目を引く」効果はあるか?」
好奇心押さえやらず、自署名につけて晒してみる。これで、「リンク集」へのアクセスが増えたら面白いね。
アクセス解析ははずしたけど、ハボが数えてくれてます。

リンク集の中にも、アニメを貼ってみる。選択基準は「《FC2》を始めた初日に見るといいサイト様」。

 □

「「こちら」をもっと読んでもらいたい」という1行を素直に受け取るなら、掲示板テンプレートの彩度を下げ(http://www.phpbb.com/⇒[styles]⇒[styledemo]⇒全部見たわけじゃないけど“softmetal”とか)、《FC2》内になんぼでもおらるる画像職人さんに依頼して、目を引くフォーラムロゴを作ってもらって、注意書きはそのすぐソバにおく。そうすれば「こちら」という文字リンクに閲覧客の「視線を導く」ことはそんなに難しくなかろうかと。(もっともテンプレートにロゴを乗せていいのか、知らんですw 英語はキライだww)

だけども、「初めて質問する前に読んでください。」を見て貰うのには、そんな手間暇は、ナンもいらない。
公式ページからのリンクを全部「初めて質問する前に読んでください。」にすりゃいいのだ。すげー簡単。
が。一番でかい問題はワタシ自身が「初めて質問する前に読んでください。」を、イマイチ、見易いと思ってないことナノダ……。
とかあそこで言ったらまた顰蹙だから、自ブログでそっと呟く。


私信:
そういえば。http://www.phpbb.com/を探検にいったのは、某所phpBBが、レンタル元の設定ミスで一斉にホラーテンプレになっちゃったときでしたww>A野さん

テーマ : Webページ制作上の悩み
ジャンル : コンピュータ

tag : サイトデザイン ユーザーフォーラム

ネットで小説、ブログで小説

失敗メモ。

“ブログで小説”とは何のかかわりもないけど、自戒の意味をこめて、記録。

【"技術参加"経緯】
小説交流サイトA&C起源の小説競作企画『夏祭り』の開催に際して、企画作品の感想がA&C掲示板を占拠するのがいかがなものか、という意見があり。
当方は当方で、KENTさん『Web Forum』のCSS加工版を手持ちで持っていて、使ってみたかった。
で、利害が一致して、私が支援担当という形で企画に参加させていただくことになった。8/1、企画作品公開スタート。

【発覚】
8/6に最初のデータ欠落が発覚。
以前、複数ユーザーの同時アクセスで、WFORUMのログが落ちたことがあり、今回もそれじゃないかと間違った推測をしたうえで、週末の夜は過ぎたことでもあり、同時アクセスはそうそう起こるまいと考えてしまった。
Symlink Checkerをダウンロードして解凍して自スペースにアップして…というのがちょい手間がかかることもあって、次の週末までに直そうと考えた。

【欠落が続く】
……にもかかわらず、8/7、欠落が続くとの報告がメールで入る。
あわててスクリプトを見直し、ログ容量のMAX規定値を変更せずにアップしていることが判明。
過去ログ化機能も、オフになっていた。
念のため、ロックも変更。

【復旧操作】
企画インデックスから各スレッドにリンクを貼っていただいていたので。
とりあえず、消えた方の名義のスレッドを再作成後、ログを直接編集して、消えたスレッドナンバーを付与。この操作で、リンクは復活。
上記の経緯を具体的かつ短文で掲示板にアップ。
こちらの操作を全員に全部理解してもらうためというよりは、機能が復旧したこと、再発はないと考えることが伝わればよい程度の説明に留める。

ちなみにログファイルをMS-WORDに放り込んでみたら、原稿用紙400枚分あった。それだけの感想が企画開始6日で集まっていたことになる。
盛り上がっていたところを、管理面から水を差してしまった。
ログが消えたのは、総勢7人分。そのうち3人分くらいは、もう1日早く原因に思い当たっていれば消えずに済んだと思う。

なによりセッティングの際に、デザインと見栄えに気をとられて、すべてのパラメータを理解しきれていなかったことが問題。猛省。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

麻生(阿檀) Author:麻生(阿檀)

【このブログについて】
ブログで小説を手軽に連載したい方のための、
ブログ紹介/FC2テンプレート紹介が、メインだったはずなのですが。

ミ^。^彡っ。oO○(いつのまにやら、かなりとんでもなくごった煮ブログになっております。)

MyToyBox

Clock!
doodel ?publish
?style3=10084&index



01 02 03 04
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
タグリスト
                                                 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。